自宅警備員のゆる〜いブログ

30代のサラリーマンがF1、ガジェット、家電、ガンダム、英語等の些細な情報を発信。

ルンバ690を1年間使ったレビュー・評価・感想を書きます

ルンバ690を1年間使ったレビュー・評価・感想を書きます

 

こんにちは、自宅警備員(エア社員)(@keep_flat_out)です。

 

iRobotが2018年10月に発表したデータですが、日本国内のロボット掃除機、ルンバの出荷台数は300万台との事です。

総務省統計局が公表している日本の世帯数は27年度で5,340万世帯。

ルンバの普及率はわずか5.6%です。

*他社ロボット掃除機は含んでおりません。

  

まだまだマイナーなロボット掃除機ですが、我が家には1年前に導入しました。

以前ルンバ690を買った理由、ルンバ690を使う前にする事、を記事にしました。  

今回は実際にルンバ690を1年以上使ったレビュー・評価・感想を書いていきます。  残念ながら他のロボット掃除機は持っていないので、比較は出来ませんが、wifi対応エントリーモデルであるルンバ690をご検討の方の参考になれば幸いです(^_^)

www.jitakusecurity.com

www.jitakusecurity.com 

 

 

 

【結論】 ルンバ690を買って良かったのか?

良かったです。

以下、なぜ良いのかをまとめます。

  • 平日の外出中に床がキレイになる = 帰宅した時に床がキレイだと精神的に良い
  • 在宅時に他のことが出来る = トイレ掃除しながら部屋の床掃除が出来る等

上記2点を総括すると、「掃除する時間を他の時間に使える」という事です。

他の例を挙げると、在宅時にリビングでテレビを見ている時にリビング以外の床掃除をしてもらう、買い物に出かけている時に床掃除をしてもらう等です。  

 

大前提として、我が家では土日にはルンバ690は起動しません。  家にいる時は出来るだけキャニスタータイプの掃除機で床掃除をしたいからです。  以前にも書きましたが、吸引力というか、ゴミの収集力はキャニスタータイプには敵いません。  

 

しかし共働きである我が家では、平日はどうしても掃除が出来ません、というかしたくありません(^_^;)  近所にも気を使いますし、帰宅してから食事、洗濯をするとなると時間にも限りがあります。  そういった中、平日の昼間に掃除してくれているのは本当に助かります。

因みに私は潔癖症ではありません(^_^;)  ただ、「キレイな部屋が嫌い」という方はいらっしゃらないと思います。  帰宅して床だけでもキレイなら私はそれで幸せなのですw

  

iRobotアプリのレビュー・評価・感想

非常に使いやすいです。  余計な物が無い印象です。

至ってシンプルなユーザーインターフェースで、「使い方が分からない」となることはないはずです。  基本的な設定は5分程度で済みますし、変更はアプリ上で行う事が出来るので、思い立った時に直ぐに変更でき、適用されます。

 

詳しくは先日アップした下記記事をご参照下さい。

www.jitakusecurity.com

 

 

ルンバ690がオススメな方

  • 初めてのロボット掃除機デビューされる方
  • 部屋(家)の仕切りに段差がないをお持ちの方
  • 部屋数が余り無い方←表現が悪いですが。。。
  • 掃除する時間を別の時間に使いたい方

 

ルンバ690がオススメではない方

  • 部屋数が多い方 
  • ゴミの収集力や、清掃能力を求められる方

ルンバ690は下位機種の為、バッテリー容量が少なく、起動時間が短いのです。 また吸引方法も上位機種とは違い、上位機種の方がゴミをよく収集出来るようです。

 

ロボット掃除機がオススメではない方

  • どうしても床に物を置く方、床の物を片付けるスペースが無い方

 

まとめ 【ルンバ690 1年間使ったレビュー・評価・感想】

冒頭に述べた通り、買って良かったですし、これからもずっと使っていきます。

どんどん新しいルンバが発売される中、「初めてのロボット掃除機」として選ばれる方は満足出来る仕上がりになっていると思います。 

 

私にとっては決して安い買い物ではなかったので、かなり慎重に選びました。

1年以上使いましたが「平日の帰宅時にキレイになっている」が1番の良さと感じています。

1年以上使ったが故に「欲」も出てきて、次回は高性能機種が欲しくなりました(^_^;)

特に新型の「i7」、Imprintスマートマッピングという機能が付いていて、部屋(家)の間取りを学習するようです。  ま、今の部屋だと狭いのであっても使えない機能ですね(^_^;)

www.youtube.com

「i7」、BMWの高級スポーツカーのようですが、まさしく2019年3月現在、最高峰モデルです。  いつかそんな高性能なルンバを使える広い部屋に住みたいものです(T_T)

 

宜しければ過去記事もご参照下さい。

www.jitakusecurity.com

 

 

www.jitakusecurity.com 

最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m