自宅警備員のゆる〜いブログ

自己啓発、ガジェット、F1、ガンダム、英語、読書等の些細な情報を発信。

F1 2018 ブラジルグランプリ 予選

F1 2018 ブラジルグランプリ

 

こんにちは、自宅警備員(エア社員)です。

 

何度もしつこいですが残すは2戦!!!

F1 2018 ブラジルグランプリの予選とフリープラクティスで気になった点を羅列していきます。

 

コース概要はこちら

jitakuhobby.hatenablog.com

 

 

目次

 

 

予選結果

順位   ドライバー チーム
1   ハミルトン メルセデス
2   ベッテル フェラーリ
3   ボッタス メルセデス
4   ライコネン フェラーリ
5   フェルスタッペン レッドブル
6   リカルド レッドブル
7   エリクソン ザウバー
8   ルクレール ザウバー
9   グロージャン ハース
10   ガスリー トロロッソ
11   マグヌッセン ハース
12   ペレス フォースインディア
13   オコン フォースインディア
14   ヒュルケンベルグ ルノー
15   シロトキン ウィリアムズ
16   サインツ ルノー
17   ハートレー トロロッソ
18   アロンソ マクラーレン
19   トロール ウィリアムズ
20   バンドーン マクラーレン

天候に左右された予選でした。  Q1から雨が降るか降らないかという微妙な天気の中、各車早くにソフトタイヤでタイムを出すべく、急いでコースへ出ていきました。

Q1終了間近は既に雨が降っており、Q2スタート時の選択タイヤが注目されました。 全車スーパーソフトで出て行きましたが、ライコネンベッテルはアウトラップを終え直ぐ様ピットイン、なんとソフトタイヤに換装しコースへ戻ります。 そして濡れた路面の中、ソフトでスーパーソフトに負けないタイムを出し、決勝スタートタイヤを見事にソフトに決めました。  それを見たメルセデスレッドブルも急いでソフトへ交換、コースへ戻ります。 

しかしスーパーソフトで出したタイムをソフトで、ましてや濡れた路面で更新するのは至難の技、メルセデスレッドブルの4人はソフトでタイム更新ならず、決勝スタートはスーパーソフトです。

これは今年の鈴鹿の予選でフェラーリがタイヤチョイスを失敗した光景を彷彿させます。  今回はフェラーリの読みが当たり、Q2はフェラーリが素晴らしかったです。

そしてすごかったのはもう一人、2019年からライコネンのシートを獲得したルクレールがQ3進出を決めました。

濡れた路面で各車スーパーソフトでタイムが出せない中、ルクレールはチームからピットに戻るように指示されましたが、「もう一周やってみる」と最後にアタックします。 結果、見事に8位を射止め、エリクソンとQ3進出を決めました!!!

 

ハミルトンはキャリア82回目、今季10回目のポールポジション獲得です。 

ただハミルトンはQ2だったか、シロトキンのアタックラップを結果的に邪魔してしまいます。  「危ない!」と誰もが思うシーンでした。  事故にならなかったのは何よりですが、決勝にペナルティがない事を祈ります。

 

オプションタイヤ

ミディアム

ソフト

スーパーソフト

前回のコース概要の時に記載してなかったので、ここで。。。

 

その他気になったこと

FP1

今季残すはアブダビの最終戦のみ。  という事は、来年からのルーキードライバーはアブダビでのFP1が今季最後の練習です。

マクラーレンはランド ノリスを、ザウバーはアントニオ ジョビナッツィ、フォースインディアはニコラス ラティフィでFP1を走行しました。

私が気になっているジョージ ラッセルはまだウィリアムズのFW41では走った事がありません。  次戦のアブダビで観られるのか!?

 

ボッタスはFP1残り10分前に出てきてヘイローの上に3枚のウイングが。   フロービズでテストをしていました。

FP1終了前、ハミルトンのスーパーソフトの左リアタイヤブリスター。  冷却用のホイールが機能してない?とのコメントがありました。  ここ数戦、メルセデスはホイールを使った冷却(温度管理)に苦戦しているようです。

ちなみにですが、FP1スタート路面温度25度、終わりは35度くらい。

 

バンドーンのタイムはノリスより下でしたが、バンドーンはミディアムを履いていたようです。  ただ、FP1はタイムを出す走行ではないですし、気にする事はありません。。。

 

FP2

開始10分でヒュルケンベルグが最終コーナー出口でクラッシュ。 赤旗となります。  縁石に乗り上げてコントロールを失ってしまいました。  この最終コーナーでの立ち上がりが非常に重要で、ホームストレートでのスピードに影響します。

 

ライコネンは過去6回トップ3スタート、ただポールはない。

 

リカルドはハミルトンが過去3年のリタイアより今シーズンのリタイア数が多い。

 

ブラジルグランプリ前のニュースでしたが、現在F2を走っているセルジオ セッテ カマラ(ドライバーズスタンディング6位)がマクラレーンの開発ドライバーとしてマクラーレンと契約しました。 元レッドブルの育成ドライバーでしたが、レッドブルは契約を解除。  実はこのセッテカマラ、現在ランドノリスと同じCarlinというチームでF2を走っています。  ノリスはマクラーレンのセカンドドライバー、セッテカマラは開発ドライバーです。  ただマクラーレンのスポーティングディレクターであったロス ブラウンの後任、ジル ド フェランはブラジル人!  そしてセッテカマラもブラジル人!  繋がりがあるとかないとか。。。

 

現在F2で活躍中のアレクサンダー アルボン(スタンディングはラッセルに次いでの2位)が来年2019年はフォーミュラEで、しかもルノーから日産になったチームでの参戦が決まっていた(?)が急遽、トロロッソハートレーのシートを取ったとか取らないとか。。。

 

FP3

そんなハートレーですが、FP3と予選があった11月10日は29歳の誕生日でした!

 

ベッテルから下ネタの無線が飛びます。  「股に何かがぶら下がっている。 皆んなが想像している物だったら誇りなんだけどねw」結局ネジが当たっていたようです。

 

ペナルティ

リカルドは前戦メキシコの決勝でPUトラブルでコース脇にマシンを止めたのですが、その際エキゾーストから火が出ており、マーシャルさんがエキゾーストから消火器をかけました。  その粉でターボチャージャーがダメになりターボチャージャー交換です。  5グリッドダウン。

 

オコンはギヤボックスを交換。 5グリッドダウン。 

 

まとめ

個人的にすっごく気になったのは、ハミルトン車が白煙を上げていた光景です。  シフトアップかダウン時に僅かですが白煙を上げていました。 クルーはピットに呼ぶこともなくFP3を終えましたが、かなり心配です。。。

 

最後に1番気になったのは、我らがボス、トトさんの髪型です。  前の方がイケメンだったのにorz

 

それではまた自己啓発,F1,本,ガジェット,ガンプラ,英語等についてゆる〜く発信していきます! 読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m