自宅警備員のゆる〜いブログ

30代のサラリーマンがF1、ガジェット、家電、ガンダム、英語等の些細な情報を発信。

F1 2020年に新グランプリ ベトナムグランプリを発表 会場施工

F1 2020年に新グランプリ ベトナムグランプリを発表 会場施工

 

こんにちは、自宅警備員(エア社員)(@keep_flat_out)です。

 

さて、昨年から発表されていましたが、来年2020年に新しいグランプリが始まります。

その工事が着手され、F1公式ホームページではトラック内容が発表されています。

F1がリバティメディア運営になって記念すべき、最初の新グランプリ開催地となりました!

2019年にはアメリカ マイアミグランプリが予定されていましたが、政治上の都合もあり、早くても2020年開催が予定されています。

どちらのグランプリが先に開催されるか、未だ分かりませんが、グランプリが増えるというのは嬉しい限りです!

 

 

 

F1 2020ベトナムグランプリ詳細

 

開催場所

ベトナム ハノイ

 

ハノイはベトナムの首都で人口約778万人。 日本からは飛行機で約6時間の場所です。

ハノイは「川の中の街」という意味で、旧名はタンロンと呼ばれ、その意味は「昇っていく龍」を表しています。

 

コース、サーキット

F1 2020 ベトナムグランプリ コース紹介

F1 2020 ベトナムグランプリ コース紹介

出典: F1 Official web

https://www.formula1.com/en/latest/article.everything-you-need-to-know-about-the-new-vietnam-street-circuit.2BvFoOV82kcqi88y0mMsUU.html

F1 2020 ベトナムグランプリ コース紹介

F1 2020 ベトナムグランプリ コース紹介

出典: F1 Official web

https://www.formula1.com/en/latest/article.everything-you-need-to-know-about-the-new-vietnam-street-circuit.2BvFoOV82kcqi88y0mMsUU.html

全長: 5.565km

コーナー数: 22

 

F1カレンダーではモナコ、シンガポール、アゼルバイジャンに次ぐ4つ目の公道コースです。  また、アジアでは中国、日本、シンガポールに次ぐ4つ目のグランプリとなります。

 

この公道サーキットは、公道の特徴と、街の地形に沿ったレイアウトの融合を目指しています。

定番の90度角の交差点を使わず、ホイールトゥホイールのバトルが出来るように、そしてドライバーからも攻めがいのあるコースにしたいという目的の下に設計されました。

 

F1 2020 ベトナムグランプリ 1 - 2 コーナー

F1 2020 ベトナムグランプリ 1 - 2 コーナー

出典: F1 Official web

https://www.formula1.com/en/latest/article.everything-you-need-to-know-about-the-new-vietnam-street-circuit.2BvFoOV82kcqi88y0mMsUU.html

ニュルブルクリンクを意識した1 - 2コーナーのようです。  解説では、1コーナーへの進入速度は295km/hから90km/hへハードブレーキング。  そこから曲がりこむようなターン2は恐らくかなりのGフォースがかかっていると思います。

コース幅は15-20mになる予定で、複数のラインが交差し、オーバーテイクするポイントの一つです。

 

F1 2020 ベトナムグランプリ 12 - 15 コーナー

F1 2020 ベトナムグランプリ 12 - 15 コーナー

出典: F1 Official web

https://www.formula1.com/en/latest/article.everything-you-need-to-know-about-the-new-vietnam-street-circuit.2BvFoOV82kcqi88y0mMsUU.html

モナコの1 - 2コーナーのような上りながらの高速コーナー区間に似ています。

このターン12からは今まさに道路を作っている最中で、まだ実在しません!

出来上がってみたら全く違うコースになってた、なんて事はないか。。。

 

F1 2020 ベトナムグランプリ 16 - 19 コーナー

F1 2020 ベトナムグランプリ 16 - 19 コーナー

出典: F1 Official web

https://www.formula1.com/en/latest/article.everything-you-need-to-know-about-the-new-vietnam-street-circuit.2BvFoOV82kcqi88y0mMsUU.html

鈴鹿の2 - 6 コーナーの高速S字に例えられています。

ここも同じく建設が始まった道路です。  車幅は14mになる予定で非常にタイトでツイスティーになり、260km/hの速度で走り切る強力なダウンフォースが必要です。

 

最終コーナーであるターン22の車幅は14-15mになる予定で、最終コーナーの立ち上がりのライン取りが見ものです。

 

 

F1 2020 ベトナムググランプリを作るのはティルケ社

ヘルマン・ティルケ氏率いるティルケ社がこのベトナムグランプリのコースをデザインしています。

同社は現F1 カレンダーのほとんどのコース、サーキットをデザインしています。

バーレーン、上海、アゼルバイジャン、シンガポール、ロシア、アメリカ、メキシコ、アブダビグランプリは全てティルケ社が新設しています。

富士スピードウェイも同社によって改修されました。

 

ベトナムグランプリ サーキット特徴

何と言っても長いストレートです。

1.5km、800m、675mのストレートで低速、高速コーナーがそれらを繋いでいます。

1.5kmあるストレートでのトップスピードは335km/hになるとか(´・ω・`)

かなりのハイスピードトラックで、パワーユニットの全開率が高く、それだけPUにも負荷がかかりそうです。  2017~2018年までのF1はデプロイメント(バッテリーからエンジンへのサポート)管理が難しく、途中でバッテリーが切れパワーダウン、という事もありました。  その辺りの管理が勝敗を左右するのかもしれません。

 

公道コースはサーキットほど路面状態が良くない事が多いです。

2019年第一戦はオーストラリアの公道コースでした。 普段は公道なので、サーキットにはないゴミが落ちていたり、バンピーで路面グリップが低いコースです。  

前年2018年のオーストラリアグランプリにて、セルゲイ・シロトキンのFW41のフロントブレーキインテークにサンドイッチが入っていたプラスチックゴミが詰まり、リタイアとなりました。

 

ベトナムグランプリにて、似たようなトラブルがない事を祈ります。 

 

 

まとめ 【F1 2020 ベトナムグランプリ】

F1 2018年シーズンはフランス、ドイツグランプリが復活しました。 その一方、ペトロナスのホームであるマレーシアグランプリが失くなりました。

私がF1を観始めたのが2016年後半からで、新グランプリが増えるのは初めてのことです。

こんな機会、滅多にないのかもしれないですね(^_^;)

 

そのグランプリに向けて、2019年3月に工事が施工されました。  

一つのグランプリを作るのにどれだけの人と時間がかかったのか。

そして忘れてはいけません、その中の1人に先日亡くなられたチャーリー・ホワイティング氏がいた事を。

www.jitakusecurity.com

 

同氏の意思を引き継ぎ、エキサイティングかつ安全なグランプリになればいいですね(^_^)

最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m