自宅警備員のゆる〜いブログ

30代のサラリーマンがF1、ガジェット、家電、ガンダム、英語等の些細な情報を発信。

F1 2020 第2戦 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果 ハミルトンがポール

F1 2020 第2戦 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果 ハミルトンがポール

F1 2020 第2戦 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果 ハミルトンがポール

こんにちは、自宅警備員(エア社員)(@keep_flat_out)です。

先週のF1 2020 開幕戦 オーストリアグランプリから2周連続のグランプリです。

「一週間前のオーストリアグランプリとタイヤ設定が同じで何が楽しいのか? 」なんて声が上がっているようですが、

「楽しいに決まってるだろ(#・∀・)」

前回は開幕戦で、色々なトラブル、特に電気系統、そしてFIAが管理しているテレビ放映中のタイヤ情報が違ったりと、開幕戦ならではの楽しみがありました。

F1 2020 開幕戦オーストリアグランプリの予選、決勝結果はこちら

www.jitakusecurity.com

www.jitakusecurity.com


さて、1週間前のポールはメルセデス、バルテリ・ボッタスでしたが、今回のポールは同じくメルセデス、ルイス・ハミルトンです!!!

やってくれましたハミルトン! 予選は終始雨の中で行われ、水しぶきでマシンが見えませんでしたが、ここは経験豊富なハミルトンが他チームを引き寄せない速さで見事にポールポジションを獲得。 流石でした!


ということで、F1 2020 第2戦 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果をまとめます。


F1 2020 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果

F1 2020 第2戦 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果   ハミルトンがポール

F1 2020 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果

雨の予選を制したのはハミルトン

前日のFP2から言われていた通り、予選日である土曜日は雨。 もし土曜日の予選が出来なければFP2の順位がスターティンググリッドになると通知がありました。

予選当日、予選前のFP3は雨の為キャンセルとなりました。 このまま行けば予選は中止かな、と思っていましたが、45分遅れで予選が始まりました。

「この雨でやるの?」と思うくらいの雨でしたが、全車終始フルウェットタイヤで予選を開始しました。

予選結果はハミルトンの圧勝。 P2のフェルスタッペンと約1.2秒差をつけて堂々のポールポジションです!

前戦のポールシッター、ボッタスはP4。 何とボッタスの前のP3にはマクラーレンのサインツが割り込んできています!!! 前戦の決勝をP3で飾ったノリスに続き、マクラーレン好調です。

ピンクメルセデスであるレーシングポイントは遅れを取ってしまいました。 本家メルセデスは雨でも速かったですが、ここがオリジナルとコピーの違いでしょうか...

雨でも速いメルセデスは恐らくダウンフォース量が多いのでしょうか? 勿論ハミルトンの経験値もあると思いますし、エンジニアさん達のセットアップの技量でもあると思います。 P2のフェルスタッペンとの差を考えると何だか圧倒的でした。

フェルスタッペンのオンボードを観ましたが、アクセルオンでトラクションがかからない、ステアリングで修正を入れる事が何度もありました。 その点ハミルトンのオンボードはフェルスタッペンに比べるとトラクションもしっかりかかっており、修正もほとんど見受けられませんでした。

ハミルトンは素晴らしい予選内容でしたが、ボッタスは少し残念ですね(^_^;) 同じマシンに乗っているのにここまで差が明らかに出てしまうと、ドライバーの腕の違いなのでしょうか。


雨でもやっぱり速いフェルスタッペン

ドライでも十分速いですが、フェルスタッペンも流石でした。 先程書いたように、フェルスタッペンのRB16は物凄く暴れているように見えましたが、フェルスタッペンの卓越したコントロールにより1ラップを見事にまとめました。

Q3最後のアタック、ターン9でコントロールを失い、スライドしてしまいましたが、マシンを傷つける事なく予選を終える事が出来ました。 一方チームメイトのアルボンは映えませんでした。 P7のアルボンですが、アルボンの前にはマクラーレンが2台と、そしてルノーのオコンがいます。 前回の決勝で速さをみせたアルボンなので今回も期待です。

因みに前回のオーストリアグランプリでフェルスタッペンとアルボンがDNFでしたが、問題は電気系統だったそうです。 Honda PUに問題は無かったようなので一安心。


サインツがP3で大健闘!

雨の影響もあったのか、マクラーレンのサインツがP3獲得(*ノェノ)キャー 「サインツおめでとう!」

前戦のノリスは決勝をP3で終えました。 そして今回の予選ではサインツがP3! これは十分に表彰台が狙えると思います。

サインツも勿論凄いのですが、ノリスも十分素晴らしいです。 P6と、前のP5をルノー、オコンに奪われてしまいましたが、今回もマクラーレンは大量得点が期待出来ます\(^o^)/ ただ、ノリスはFP1で黄旗無視をしてしまい、既に3グリッドペナルティが言い渡されています。 それでもP10内でスタート出来るので、十分得点圏内でのフィニッシュが可能なはず! 今回もノリスに期待です!

マクラーレンが活躍するとチーム代表であるザック・ブラウン氏がよく映るのですが、なぜだろう、何で慣れないんだろう。。。


フェラーリ、またしても撃沈

ベッテルがP10、ルクレールがP11。

前戦の予選では逆で、ルクレールがP10、ベッテルがP11でした。

今回同じだったのは、フェラーリが2戦続けてQ2落ちした事です。

やっぱりストレートが遅いようです。 フェラーリPUユーザーは下位に沈んでいますし、これはPUがまずいんでしょうか。 2019年は最強PUと言われていたのに…

と言ってもまだ全然ポイント圏内だとは思いますし、前戦でルクレールは表彰台に昇っています。 ただ、メルセデスやレッドブル ホンダと互角に戦えるほどの速さは、今のところ見えません orz


まとめ【F1 2020 第2戦 シュタイアーマルクグランプリ 予選結果 ハミルトンがポール】

雨の予選だったので、多少の番狂わせはあったと思います。 決勝はドライですし、順位に大きな変動があるかもしれません。


FP1,FP2のドライコンディションではレーシングポイント、特にペレスが速かったですね。 なので決勝ではレーシングポイントの挽回をとても楽しみにしています。 ただ、メルセデスPU、心配です。 今回ウィリアムズ、ラッセルのマシンのPUは交換となりました。 前戦の決勝中にPUトラブルでリタイアとなった為です。 同じくストロールも決勝でマシンを停めていて、ペレスはFPでスモークを上げていましたから… 今回はメルセデスPUにトラブルが無いことを祈ります。


最後に書きたい事は、「ラッセルが初めてQ1突破しました(^O^)」!!!!!

ようやくと言うか、やっとと言うか、推しメンであるラッセルが初めてQ1を突破!!! トトさん、ラッセルに良いマシンを与えて下さいm(__)m 初ポイントに向けて、ラッセルの応援を宜しくお願い致します。