自宅警備員のゆる〜いブログ

30代のサラリーマンがF1、ガジェット、家電、ガンダム、英語等の些細な情報を発信。

レーシングポイントがRP20を発表

レーシングポイントがRP20を発表

f:id:jitakublog:20200219225134j:plain

こんにちは、自宅警備員(エア社員)(@keep_flat_out)です。

 

既に2020年のウィンターテスト初日が始まっています!!!

と言いながらも、今更ながらマシンの紹介していきます!

 

レーシングポイントから2020年用のマシン、RP20が発表されました。

 

マシンの話に行く前に、2020年のレーシングポイントはタイトルスポンサーが変わりました!

 「フォースインディアの印象が強くて2019年のタイトルスポンサー覚えてないよ」

という方もいらっしゃるかと思います。 F1の実況を観ていると、言語問わず「フォースインディア」って呼んでいましたから(´;ω;`)

 

2019年のタイトルスポンサーは「スポーツペサ」でした。 スポーツペサはスポーツギャンブルを取り扱う会社です。 しかし2019年の1年だけで終わりましたね(^_^;)

そして2020年はフォースインディア時代からお馴染みの「BWT」、水処理関係の会社です。

発表イベントの開催場所となったのは、BWT本社があるオーストリア、モンド湖近く。 チーム代表のオトマー・サフナウアー氏と、2019年から引続きレギュラードライバーである、セルジオ・ペレス、ランス・ストロールの2名がRP20のベールをとりました。

 

 

 

変わるタイトルスポンサー

2020年のタイトルスポンサーが変わった事は上記の通りですが、2019年末に既に決まった契約があります。 

2021年にはまたタイトルスポンサーが変わります。

そのスポンサーとは

「アストンマーチン」!!!

 

「!? アストンマーチンって、今レッドブルじゃん!?!?!?」

 

そもそも今は「アストンマーチン レッドブル ホンダ」という、各メーカー名をくっつけたネーミングになっています。 それがレッドブルからアストンマーチンが離れるので、「レッドブル ホンダ」になる?

2018年こそレッドブルとアストンマーチンとのスポンサー契約に話題が集まりましたが、2019年はPUサプライヤーであるホンダとの関係にしか注目が集まりませんでした。 そりゃホンダはPU供給でアストンマーチンは資金供給ですからね(^_^;)

 

大きく変わるのはレーシングポイントがアストンマーチンのワークスチームになるという事ですね。 自動車メーカーはフォーミュラEへの関心が高い中、何とも素晴らしい決断をしてくれました!

 

レーシングポイントがRP20を発表

www.instagram.com

www.instagram.com

基本的にピンク色が基調になっており、レーシングポイントだ!と分かりやすいマシンです!

 

 

チームからのコメント

チーム代表オトマー・サフナウアー氏

「2019年は7位だったが、2020年、我々はコンストラクターズ4位を狙っている。 そして3強ともこれまで以上に近いところで戦い、中団勢のトップに立つ事が目標である。

レース前は水を飲んでいるだろうが、レース後はどちらのドライバーも1回は表彰台でシャンパンを飲んでいるよ。

中団争いは接戦だ。 マクラーレンは昨年素晴らしい結果を残した。 ルノーはワークスチームであり、650人以上の人材を持っている。 トロ・ロッソはシーズン終わりに向けホンダPUが素晴らしかった。 

簡単な事ではないが、我々は冬の間にしっかり準備をしてきた。 メルセデスのPUも良くなっているし、ドライバー達も鍛えてきているし、シミュレーターも使いこなした。 きっと目標を達成できると信じている。」

 

そしてタイトルスポンサーであるBWTはチームが獲得したポイント数に応じて、ガンビアで井戸を掘ると公表しています。

「目標順位の達成だけでなく、各グランプリでポイントを稼げば、そのポイント分の井戸がガンビア(西アフリカ)で掘られる事になる。」と社会貢献に関しても精力的なチームです。

 

セルジオ・ペレス

ペレス自信はレーシングポイントとの契約を延長し、2021年にアストンマーチンのワークスチームになる際にはドライバーの一人として在籍することになりました。 「こんなに長い間一つのチームと一緒に過ごすことは珍しいかな? BWTのように長くスポンサーをしてくれる会社も珍しい。

アストンマーチンのようなメーカーチームと組めるのは、チームとしても大変喜ばしい事だ。 大きな一歩だし、正しい道を選んだと思う。

このマシンはチームを代表している。 チームは苦しい時間をたくさん経験しているが、このマシンが我々が待ち望んでいたマシンである事を信じているよ。」

 

ランス・ストロール

「父のプロジェクトであったし、アストンマーチンの話は聞いていた。 まだ一度も乗った事がないけど、物凄いブランドだ。 色んな意味でポジティブな結果を残すと信じている。」

 

まとめ【レーシングポイントがRP20を発表】

もしかしたらこれが最後のピンク色のマシンかもしれません!!!

それもそれで何だか寂しい気がします。

 

ランス家のお金をはじめ、沢山の資金を集める事が出来るチームとなりました。

そろそろ結果が求められる頃では…

 

ブログがんばれ〜」と応援頂ける方はクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m