自宅警備員のゆる〜いブログ

30代のサラリーマンがF1、ガジェット、家電、ガンダム、英語等の些細な情報を発信。

F1 2019 トロ・ロッソ ホンダ STR14を発表

F1 2019 トロ・ロッソ ホンダ STR14を発表

 

こんにちは、自宅警備員(エア社員)(@keep_flat_out)です。

 

注目していた一台、トロ・ロッソ ホンダから2019年シーズンを戦う、新マシ STR14が発表されました\(^o^)/

 

 

 

トロ・ロッソ ホンダのSTR14の発表 インスタグラムから 

www.instagram.com

今年2019年はオンラインでの発表ということで、STR14の実車はお披露目されていません。  しかし、、、カッコいいプロモーション映像ですね(*´ω`*)

 

www.instagram.com

パッと見た瞬間は2018年マシンであるSTR13と見分けがつきませんでした。

 

トロ・ロッソ ホンダ STR13とSTR14の見た目の違い

私みたいな素人が見て分かるのはカラーリング、スポンサーロゴステッカーの違いですが、STR13とあまり変わってないように見えます。

 

よく見ると、フロントウィングのエンドプレートでSTR13とSTR14を見分ける事が出来ます。  また、ヘイロー上に付いていたウィングが無くなっています。

 

リアウィングの高さ、幅も大きくなっていますが、この辺りは比較対象がないとなかなか分かりづらいですね(^_^;)

 

1番気になるのは何と言ってもSTR14の心臓部、ホンダのパワーユニット(PU)です。

「2018年シーズン後半はルノーPUと並んだのでは?」と田辺さんもお話しされていました。 その向上した性能に期待します!!!

 

トロ・ロッソ ホンダ、そもそも2018年は何が悪かったのか?

DAZNでトロ・ロッソ ホンダの特集があり、そこで田辺さんは「予選と決勝のセッティングのバランスを探すのに苦労した」と、仰っておられます。 予選での一発の速さを取るか、決勝でのペースを重要視するか、を振り分ける作業、判断が難しかったようです。  確かに、ガスリーは予選では速く、高グリットを得ていましたが、決勝だとポイント圏内に入ることが難しそうでした。

 

F1 2019 トロ・ロッソ ホンダ STR14のドライバー

www.instagram.com

既に公表済みですが、

ダニール・クビアト(2018年はフェラーリのシミュレーションドライバー)とアレクサンダー・アルボン(2018年はF2で総合3位)です。

まとめ

ホンダがトロ・ロッソと組んで2年目。  個人的にはホンダとレッドブルとは勿論ですが、2018年を共に戦ったトロ・ロッソ ホンダに期待しています(*´ω`*)  2018年を共に苦しんだトロ・ロッソと2019年は挽回して欲しいです!!!

レッドブルのRB15の発表も直ぐですが、ホンダPUの性能を見れるまでは、ウィンターテストを待つしかないですね。

 

それにしても今週は毎日のようにF1 2019年新マシンの発表があります。  仕事以上に忙しく、またエキサイティングな一週間ですね(^^♪

 

F1 2019年 新マシン発表予定はこちら↓

www.jitakusecurity.com

 

2019年新マシンを1番に発表したハース関連記事はこちら↓
www.jitakusecurity.com

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m