自宅警備員のゆる〜いブログ

30代のサラリーマンがF1、ガジェット、家電、ガンダム、英語等の些細な情報を発信。

F1 2019 レーシングポイント 新マシン RP19を発表

F1 2019 レーシングポイント 新マシン RP19を発表

 

こんにちは、自宅警備員(エア社員)(@keep_flat_out)です。

 

2018年シーズン中からチーム名がフォースインディアからレーシングポイントに変わりました。  

もともと財政難であったチームですが同チームのドライバーであるセルジオ・ペレスを筆頭に破産申請をし、新たにチームを買収したのは大富豪、ランス・ストロールの父親、ローレンス・ストロールが率いる投資チームです。

2018年後半戦でチームを買収し、チームの獲得ポイントがゼロになったにも関わらず、2018年シーズンはコンストラクターズを5位で終えました。

チームオーナーが変わり、資金が潤沢になり、マシンの開発ペースも上がりました。

やはりF1でお金は非常に大切なのですね!

 

 

フォース インディアからレーシングポイントへ

正式名所がサハラ フォースインディアから【SPORTPESA RACING POINT】になりました。

 

F1 2019 レーシングポイント 新マシン RP19を発表

VJM11からRP19と型式が変わりました。  恐らくVJMはフォースインディアの元オーナーであった、ビジェイ マリヤ (Vijay Mallya)の頭文字がRacing PointになりRPとなったのではないでしょうか。

 

 

F1 2019 レーシングポイント RP19 のカラーリングデザイン

チーム名が変わり、ピンク色をどうするか? という話になったようですが、ピンクを継承する事に決まり、2019年もピンクを打ち出しています。  2019年は青色の面積が増え、しつこくないピンク色になりシャープになった印象です。 

 

フォース インディア VJM11 と レーシングポイントRP19 の見た目の違い

フォーク型のノーズは健在です。

VJM11にはヘイロー上部にウィングが着いていましたが、RP19は写真を見る限り着いていないように見えます。

 

新タイトルスポンサー

SportPesaを迎えました。 このSportPesaはスポーツでギャンブル(賭け事)運営する会社です。  SportPesaという会社名は、英語の「Sport」と、スワヒリ語で「お金」という単語を合わせた言葉のようです。

主にアフリカ、ヨーロッパで事業を展開しています。

 

マシンには相変わらずスポンサーロゴが多いですね!  しばらくは資金に困る事は無さそうです(*´ω`*)

 

まとめ【F1 2019 レーシングポイント RP19】

ローレンス・ストロール率いる投資チームがレーシングポイントを保有している為、メルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコンのシートが無くなり、2019年はメルセデスの開発ドライバーとしてメルセデスをアシストします。

 

2018年シーズン中に移籍を囁かれたランス・ストロールですが、2019年、晴れてレーシングポイントとして2019年をベテラン、セルジオペレスとペアを組みます。  ペレスは2018年で唯一3強チーム意外で表彰台に立ったドライバーです。

 

2018年前半戦で稼いだポイントを引き継いでいれば、2018年シーズンは恐らく3強に次ぐ4位でコンストラクターズを終えていたでしょう。  間違いなく3強にとっても驚異であり、また中団勢のベンチマークになるチームです。

 

ポテンシャルが高い新生、レーシングポイントに注目です\(^o^)/

 

F1 2019 新マシンを発表したチーム、マシンはこちら↓

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m