自宅警備員のゆる〜いブログ

30代のサラリーマンがF1、ガジェット、家電、ガンダム、英語等の些細な情報を発信。

F1 2019 ファステストラップにボーナスポイントを採用

F1 2019 ファステストラップにボーナスポイントを採用

 

こんにちは、自宅警備員(エア社員)(@keep_flat_out)です。

 

いよいよ今週末から始まるF1 2019 シーズンですが、オーストラリアグランプリの開始6日前の昨日3月11日にFIA(国際自動車連盟)から新しいルールが発表されました。

 

f:id:jitakublog:20190312222919j:plain

出典: F1 Official web

https://www.formula1.com/en/latest/article.bonus-point-to-be-awarded-for-fastest-lap-in-2019.4gwBT6QW1NR1AlrlzAkKSP.html

 

 

 

ファステストラップを記録したらボーナスポイントを加算

www.formula1.com

ルールは至ってシンプルで、

「決勝でファステストラップを記録し、かつ、トップ10位内でゴールした場合、ドライバー、コンストラクターズポイントに各1ポイントづつ加算する」

という内容です。

 

ファステストラップを記録し、途中リタイアとなればこのボーナスポイントは適用されません

 

Formula 2(F2)は既にこのポイント制度は存在し、決勝での楽しみの一つです。

 

2019シーズンは21戦あるので、21ポイントのドライバー、コンストラクターズポイントが振り当てられます。

 

 

ボーナスポイントの見どころ

もしファステストラップを記録し、1位でゴールすると26ポイントを獲得出来ます。  これで2位とのポイント差は8ポイントです。  逆に2位のドライバーがファステストラップを記録した場合、1位とのポイント差は6ポイントになります。  

 

上位10位以内でゴールしたドライバー以外がファステストラップを取った場合、ポイントは誰にも入りません。  これを利用して、ドライバーズタイトルを争っている例えで言うと、ベッテルがトップ10内を走行しており、ハミルトンがトラブル等で10位以内フィニッシュは無理と判断したとします。  ベッテルはファステストラップボーナスの1ポイントを取りにプッシュしますが、ハミルトンがファステストラップを取ってしまえば、ベッテルはボーナスポイントを獲得出来ません。  このように自分のダメージを最小限にするような事も出来ます。

 

ボーナスポイントの歴史

F2では現在もあるファステストラップポイントですが、実は過去にF1でも採用されていました。

1954年~1959年までの間、このファステストラップポイントがありました。  

当時は0.1秒(1/10秒)単位の測定しか出来ませんでした。  その結果、「同じグランプリで数台がファステストラップを作る」なんて事もあり、過去4回も同タイムのファステストラップを記録したレースがあったようです。

特に、1959年のイギリスグランプリでは、7人が同タイムのファステストラップを記録し、7人のドライバーに各1点が配当されました。

そして1960年からこのファステストラップポイントは姿を消しました。

 

もし過去にファステストラップがあったら

2008年にハミルトンとマッサがドライバーズタイトルをかけて戦っていた時ですが、結果は下記の通りです。

  1. ハミルトン   98ポイント
  2. マッサ   97ポイント

 

もし2008年にファステストラップのルールが適用されていれば、

  1. マッサ   100ポイント(ファステストラップ 3回)
  2. ハミルトン 99ポイント(ファステストラップ 1回)

 

結果は変わっていました!

 

まとめ【ファステストラップのボーナスポイント】

1年を通じてファステストラップを取れば、21ポイントです。 これは1レース、2位フィニッシュ以上のポイントです。  かなり大きいボーナスポイントではないでしょうか。

 

レース終盤になると、リーダーはレースペースを支配しますが、ドライバー、コンストラクターズポイントで接戦していれば攻めるレースも出てくると思います。  「プッシュしたが故に、タイヤを痛めて2位になってしまう」なんてドラマがあるかもしれません。  また、10位以内でフィニッシュ出来る見込みがあれば、プッシュしてくるドライバーもいるでしょう。  そこで今まで見たことがないレース展開になるのでは(*´∀`*)

 

このファステストラップのボーナスポイント制度を導入することによって、2019年は2018年以上にエキサイティングなレースになることを祈っています\(^o^)/

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m